怪しいお店

私は、「白壁の緑の扉」を読んでから、それまでにも増して怪しいお店に入るようにしていますが、このお店は怪しかった。
アンティークのお店のようですが、このお店の商品は、あまりにも前の持ち主の雰囲気が残り過ぎていて、怪しい物好き、古物好きの私ですら買うのに躊躇してしまう。
Landschapboek
神戸市中央区下山手通3−4−5新興ビル1階
078-321-0278
13-19、月、火、水休み
http://www.tit-rollo.com


写真は、路地の入り口辺りから、そのお店の灯りを撮ったものです。
何故か、私の隣に脚立があって、その影も写っています。