エックハルト ラテン語著作集

先日、エランベルジェの著作集を購めたあかつき書房で、一巻、二巻を購入。
エランベルジェの著作集も、また三巻揃いで出ていて、何だかうれしい。


少しずつ読んでいますが、何だか妙に分かりやすいのが不思議。
エックハルトの著作は、普通の本の読み方とは違って、何というか、別の力を使わないと読めないような感じがします。
この、創世記注解はそれほど全知全霊を傾けなくても読めることができるようで、とても丁寧に、少しずつ進む感じで書かれているせいかも知れません。
楽しみが増えました。


神戸は、あかつき書房のような古本屋さんが何軒かあり、そこでまた面白い出会いがあるような気がします。
阪急電車、という小説があって、それが映画化されたようですが、古本屋さんでもあるのではないかと思います。
尤も、私はそうした世界とは既に別のところにいるわけですが。


エックハルト ラテン語著作集 第一巻
中山善樹 訳
知泉書館 2005/04
# ISBN-10: 4901654500
# ISBN-13: 978-4901654500
写真のある、三巻を引用しておきます。