香り

先日、欅の軸のボールペンを手に取ったら、とてもよい香りだったのでそれを購入しました。
その後、やはりとてもよい香りの白檀の軸のボールペン、檜・白檀の軸の万年筆をお願いしました。
木の軸の萬年筆やペンはいろいろあるようですが、パイプなどに使われているブライヤーや花梨、或いは黒柿やスネークウッド、黒檀などが多いようです。
いずれも美しい模様があるもので、しかもそれらが永年使用することによって、よりはっきり、輝き出すような感じになってくるようです。
私も、とても素敵だとは思うのですが、香りの方に惹かれてしまいました。
私のところに来た白檀のペンは、木目も素直で、何も塗られていない白い生のままの木肌のもので、楚々としているのに華やかな香りがします。
どうもこのペンをいい加減な気持ちで使うと、美しい女性に不用意に失礼な触り方をしているような気分になってしまい、罪悪感があります。
机の上においているだけでもよい香りなので、あまり触らずに時折香りを聞いて心を洗うようにしたいと思います。


それにしても、萬年筆好きの人々は自らをヘンタイと称していますが(アイマス好きの一部の人も同様ですが)、私の様子を傍から見ると、やはりそのように見えるのかも知れない、と思ったりしております。


いろいろなところで木軸のペンを作ってくれていますが、萬年筆についてはキットで首軸(グリップ)が金属のものを使っているところが多いのが残念。私は乾燥肌で金属は滑ってしまい、使えないのです。
以下のところは、首軸が木製またはアクリルなどで私には有り難く思えます。


工房 楔
こちらのペンは美しく、存在感があります。
ニブは、Schmidtの18K、シュミット社のカタログを見ると一番大きい幅8.4mmのペン先で、迫力があります。
http://blog.setu.jp/
http://www.setu.jp/


StyloArt軽井沢
オリジナル萬年筆が素敵です。
ペン先は、Bock社の14K。
http://stylo.shop-pro.jp/


工房 囀樹
こちらは、セーラーのプロフィット21(プロギアも可)とパイロットカスタム74用の杢軸を販売しています。
これはグッドアイデア。
http://tenju.shop-pro.jp/