masahiro

今日は、masahiro万年筆製作所という所にお願いしていた萬年筆が届きました。
とても美しい、赤マーブルエボナイト(赤と黒が入り交じった縞模様)のものです。
エボナイトという工業製品ですが、工芸品のような味わいがあります。
http://www.masahiro.gr.jp/


とても素晴らしい萬年筆でしたので、この萬年筆について少しずつ書いてみようかと思います。
手作り萬年筆については、今はいろいろなところで製作されているようです。
以前、杢軸の萬年筆を作っておられる所について記載した事がありましたが、エボナイトやセルロイドのものを作っておられるところもありますね。
私は萬年筆の収集をしているわけでもありませんし(とは言え萬年筆の収集、ということをされている方がいるかはよく存じません。たくさん萬年筆を持っている方もそれを使っておられる方が多いようで、一般的な意味で集めて鑑賞するような収集というものとは違うように思われます。)、それほどたくさんの萬年筆を使ったことがあるわけでもありませんので、萬年筆について語るのは僭越だと思いますが、masahiro万年筆製作所についての情報があまりウェブ上にないように思いますので、書いてみようかと思っています。
また、この萬年筆を自分がどのくらい使い続けるかにも興味があります。
そんなことで、少しおつきあいいただければ幸いと思います。
週に1度くらいでも書けると良いと思っています。


これまで拝見したところで、言及がありましたのは、次のようなところでしょうか。
萬年筆評価の部屋
http://plaza.rakuten.co.jp/yamatoya55/diary/?ctgy=13
(masahiro万年筆製作所では、パイロット萬年筆の販売もされており、masahiro万年筆製作所で購入したパイロット製品についての言及はまた別にありますが、ここには挙げておりません。また、2ちゃんねるにもスレッドがありますが、正確な情報もあるものの虚偽や煽りもあり全体としてはミスリードと思いますので挙げておりません。)