読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つやふきん

この頃、万年筆というのも磨くときれいになるものだと分かった。
プラスチックのものはサンエーパールで磨くと傷も目立たなくなる。
銀のものもピカピカになる。
面白いので、実家にあった古い万年筆を持ってきて磨いたりしている。

今日は、銀座の佐々木商店で「つやふきん」も購入しました。
神戸の pen and message にもあって、なんで万年筆屋さんにふきんがあるのだろう、と不思議に思っていました。
磨くことに目覚めると、その理由がよく分かります。
pen and message には、私には何故あるのかよく分からないものがたまにありましたが、いずれもペンに関係のあるものだったのだな、と気づくことがよくあります。つやふきん以外でも、超電解水も吉宗さんのところで教えてもらいました。