日本語IMEのオン・オフ

「のどか」のインストールの関係で、Appletさんのサイトを見ていたところ、下記の記事の紹介があり、読んでみた。

 

Microsoft製のキーボードリマッピングツール Keyboard Manager – Applet LLC

pc.watch.impress.co.jp

この記事は、IMEのオンとオフを別のキーにアサインした方がよいのではないか、というもの。実は、私も最近、別の方が書かれた別の記事で、そのようにしていると書かれているのを見て、実践している。

私は最近IMEATOKからMS-IMEに変更した。ATOKはだんだん変換がバカになっていく感じがあるため、長年愛用していたのだが、セキュリティ的な観点もあり、今回、手放すことにした。MS-IMEで大丈夫か確認するためしばらく併用していたのだが、ME-IMEが思いのほか(失礼)使いやすくなっており、問題なく移行できた(ちなみに、今回の2004へのアップデートでMS-IMEがだいぶ変わり、特にカスタマイズの自由度がかなり落ちているように思われる。以前のMS-IMEを使い続けるオプションもあるので私は従来のものを引き続き使っている。)。

さて、MS-IMEだが、デフォルトでは、IMEがオンになると大きく画面中央に表示が出る。IMEのオン・オフを別のキーにアサインすれば、この表示もいらなくなるので、すっきりする。

上記の記事では、ctrl+space でIMEオン、shift+space でIMEオフという例が紹介されていたが、私は一応 cntrl+spce でIMEオン、windows-key+spaceでIMEオフにしている

MS-IMEの本来のキーカスタマイズ機能も強力ではあるが、windows key には割り当てることができないので、ctrl+F12 にIMEオフを割り当て、のどかでw-space = c-F12 と設定している。)。shift+space はスペースの全角・半角入力切替で使っているので重複すると思っていたのだが、考えてみると、IMEをオフにした段階で半角スペースしか使わない世界に入るのだし、IMEオンの状態で半角スペースを入れたいときには一度出てから入力してもまあひと手間という感じかとも思うので、全体的な利便性で考えてみるとよいかも知れない。

いずれにしろ、このIMEのオン・オフを違うキーにする、というのは、かなり世界が変わるので、私としては気に入っている。このような記事を「のどか」の作者の方から、別の観点であるが紹介してもらったことを興味深く感じている。

なお、下記の記事で2004でのIMEに関するキーアサインについても説明してくれている。

appletllc.com

この中で、USキーボードだとIMEが使えなかった、と書かれている。

私はハードウェアとしてはUS配列のキーボードを使っており(というかHHKBですが)、windows の設定としては日本語キーボードを使っている。私は、windowsの「USキーボードレイアウト」というのは、定義上IMEが無効のもの、ということかな、と思っていたのですが、上記の記事を読むと、また別の世界であるのかも知れない、と思いました。いろいろ調べてじっくり考える必要がありそうで、今後の課題にしたいと思います。

Outlookの予定の移動

複数の仕事環境があるため、Google CalenderからOutlookに予定が同期されるようにしている。

その際には、本来の予定表以外の、Google Calenderでのカレンダー名称がついてOutlookにインポートされる。

これを本来の予定表の方に移動したいときがある(当該予定を他の人にも把握しておいてもらいたいような場合)。

この方法は、当該予定を開き、メニューバーから「ファイル」メニューから、「別のフォルダに移動する」を選び、さらにそこから移動先となる予定表を選択する。

予定表もフォルダの一つと位置付けられているとは気付かなった。

下記のマイクロソフトの情報を見ていて、直接に書かれているわけではないのだが、フォルダの移動という表現があったので、このような方法を思いつくことができた(というかそのような仕様であることを理解した、ということか。)。当該ページには「役に立った」というフィードバックをポチっとしました。

複数の予定表からアイテムを結合する - Outlook

「のどか」のインストール

なぜかマウスが勝手に動くようになり、作業をしていても、別のアプリが立ち上がったりする。

いろいろ調べても対処方法がわからず、PCを初期化することにした。

初期化後、「のどか」をインストールして再起動。

すると、文字が入力できなくなっている。

実はこれは以前にも発生していた。

このような場合にはとりあえずスクリーンキーボードを利用してログインし、その後、いったん「のどか」をアンインストールする。

その後、再度「のどか」をインストールするのだが、その際には「デバイスドライバーを使わない」オプションにチェックを入れる。

さらに再起動を促されるので、それに従って操作をする。

再起動後は、無事にのどかもインストールされ、利用できるようになっている。

(追記)マウスが勝手に振動するという現象は、ネットで検索するとたまに発現するようだが、私のように、円がくるくる回っている作業中状態で振動している状況はあまりないように見受けられた。また、ネット上で対策として挙げられているドライバやデバイスの再インストールでも状況は改善しなかった。そうであるとすると、他の環境下では発生しにくい、私の環境下での特徴的な問題ということになる。

私の環境において、他の多くの方と違っていると思われるのは、よく考えてみると、「nodoka」をインストールし、かなりカスタマイズして使っていることかもしれない、と思う(マシンがVAIO-Zであることも影響しているかもしれないが。)。

上記の「のどか」のインストールにおいて「デバイスドライバーを使わない」のオプションにチェックを入れておくと(その場合には「キーボードLLフック」に自動的にチェックが入る)実はマウスが勝手に振動する現象も収まるかもしれない。

「のどか」 - README

管理者権限チェックなしにプログラムを起動

毎日起動するEverythingというツールがありますが、これを管理者権限で実行しているので、起動のたびにチェックがある。

これを回避する方法を調べてみたところ、下記のページを見つけた。

Windows 10ミニTips(73) UACプロンプトを表示させずに管理者権限でアプリを起動する | マイナビニュース

タスクスケジューラライブラリにタスクを作成し、

「最上位の特権で実行する」にチェックを入れ、

タスクスケジューラのショートカットを引数付きで作成し、

実行ファイルのアイコンをセットし(これはしなくてもよいが_)

以後はタスクスケジューラのショートカットから起動する

という手順になる。

なお、windows 立ち上げ時の自動起動については、下記の記事があった。

Windows10 - 管理者権限が必要なアプリを自動起動(スタートアップ) - PC設定のカルマ

このネットワークに接続できません

今日は職場でwindows10マシンをGuest Wifiに接続しようとしたところ、

「このネットワークには接続できません」

との表示。

トラブルシューティングツールも使ってみたが、解決できない。

ネットで調べてみて、一度、接続先一覧から削除してみるとよいとの記事を見たので試してみる。

すると、すぐにまた接続先として現れ、今度は無事にパスワードも入れて接続することができた。

まあいろいろあるが、そのようなものとして考えていこう。

 

トラックボール

これまでロジクールの MXV1s MX Vertical というマウスを2年近く使ってきました。

これはこれで使いやすかったのですが、クリックしたときにしっかりポイントできなくなってきて、ストレスに感じることが多くなってきました。

また、クリックのし過ぎで人差し指が痛くなってきたこともあり、トラックボールを購入することにしました。

私は実はもともとはトラックボール派で、ロジクールのトラックマンがまだPS/2で接続していた頃から使っており、M570の原型のようなトラックボールマウスをやはりPS/2で使っていた。

今回は、人差し指を痛めているのでM570のような、球を親指で回して人差し指でクリックするタイプのものは考慮外とし、また実はトラックマンはいまだにPS/2をUSBに変換するコネクタを使って、研究室の方で利用しているので、別のものを購入することにしました。

 

Kenginton Slimblade Tackball で、リストレストとセットで購入しました。

使ってみると、なかなか快適で、特に球をひねってスクロールするのがとても面白いと思いました。

2009年発売とのことですが、10年以上同じタイプで販売されているのは逆に信頼できるように思います。保証も5年間ついています。

正直、マウスは、カチカチクリックする機械的なデバイスなので消耗品のようにも思います。それでも、先のトラックマンなども含め、結構長く使えるものがあるのだな、と感心しています。

 

Dropboxの軽量化

Dropboxはその注意書きにも30万以上のファイルを扱う場合、パフォーマンスが低下する、とある。

私の場合、100万ふぁいるということで、かなりのパフォーマンスの低下だ。

単にDropboxのパフォーマンス低下、という話ではなく、CPUを60%くらい占有し、しかもそれが長時間続くので、他の作業ができず、しばしばPCが固まり、エクスプローラが落ちる。

これはまずいので、なんとか改善を図ることにする。

まず、ファイル数を減らす。ただ、これもせいぜい70万くらいまでに減ったという話だろう。

次に、これはCPUの話ではないが、通信環境にも影響を与えているので、バンド幅を、ダウンロードは1Mbpsに、アップロードは自動制限にする。

これも、結構効果があったように思う。

一番効果があったのは、「ハードドライブの容量を自動で節約」をオフにし、ローカルにしたことではないかと思う。

これは、ファイル数が少ないときはよいかも知れないが、膨大な数がある場合には、どのファイルをオンラインのみにするかをチェックするだけで大変な作業が必要になるように思う。これを、ローカル決め打ちにしてしまえば、変更があったファイルについてだけの作業ということになる。

起動時にはファイル数が多いので、同期にかなり時間がかかることは相変わらずだが、必要なファイルはデスクトップアプリからアクセスして使えば、まあ何とかなる。

これでも起動するだけでも非常に時間がかかるので、ストレスではあるのだが、リソースの占有が減ったので、他の作業も行うことができるようになり、ありがたいことだ。

 

なお、今日は、これに加えて起動時にかなりリソースを占有しているCompatTelRunnerも無効にした。