Kinesis Advantage2 でのCTRLとCapsの入れ替え

CTRLとCAPSの入れ替えはかなり基本的なものなのだが、Kinesis Advantage2では、これが私の環境だとうまくいかない。

CAPSにCTRLキーの機能を付与することはできるのだが、当然ながら、CTRLキーは単独で使うのではなく、他のキーと組み合わせて使う。

ところが、CAPSにCTRLキーの機能を割り当てた場合、CTRL+W を押した場合、Wを入力したのと同じになってしまう。これは、CRTL機能を割り当てたCAPSキーだけの問題ではなく、変更していない、もともとのCTRLキーも同様の状態になってしまう。

このCAPSキーというのも、本当に変なキーで困ったものだが、Kinesisも、この点が妙なのは困ったものだ。今後は、この点を認識しつつ、使っていきたいと思う。

 

ところで、Kinesisから、
Advantage360 キーボード

Kinesis Advantage360 Split Ergonomic Keyboard | COMING SOON

が発表になった。

まだ、お試し発注しかできず、それも締め切られている。

とても素敵な感じではあるのだが、私はおそらく2つのキーボードを固定して使うことになるし、またファンクションキーが全くなくなってしまうのも不便な感じがする。

私もある意味、キーボードオタクではあるのだが、それも、既に終着駅に至ったか、という感じだ。これからも、Advantage2を使い続けることになるのではないかと思う。

できれば、Advantage360もいいが、Advantage2の、見かけはほとんど変らないが、さり気なく機能がアップしたようなバージョンも出してほしいものと思う。また、この際、間にトラックボールも付けたバージョンとかも出して欲しいなー、と思ってします。

晩夏

堀辰雄の「晩夏」を読む。

この土日は本を読む楽しみを久しぶりに思い出した。

今読むと、堀辰雄がこのとおりのひとであったなら、セロリ嫌いだったり、奥さんとの会話や周囲の人々との対応も、なんとなく子どもっぽい感じだな、と思ってしまう。

とは言え、それが自覚されており、雰囲気が伝わるように書かれているのは流石だが。

 

また、昨晩は、妙に寝付けず、黒谷知也さんという人の漫画を読む。

本のことがたくさん出てくる漫画だった。

二鳥翠
半透明のアイスクリーム

本の懐胎

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい

 

岸本英夫さんの「死を見つめる心」も読み始める。

認知症も、死も、今や私の眼前にある。

もともと常にあったものではあるが。

 

 

認知症の本

今日は認知症の本を3冊読了。

 

1 認知症世界の歩き方

 

2 認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由 5000人を診てわかったほんとうの話 (講談社+α新書)

 

3 マンガでわかる!認知症の人が見ている世界

 

それぞれ特色のある本だが、1,2がよかった。

特に、2は、題名も長く、受けを狙った雰囲気があるが、内容というか、著者の姿勢が好感が持て、非常に勉強になった。

正に、認知症の人が自分に見えてくる、という感じだった。

一方、1は、分かり易く、実践的であるし、雰囲気が明るい。とは言え、本当に認知症の人を介護していて苦労している人には2の方がしっくり来るのかも知れない。

いずれにせよ、介護する人が孤立せず、気持ちにゆとりを持って接することができるような環境を用意できることが大切か。

スマホ同期でのZの入力

windows11のスマホ同期も便利に使っている。

ところが、スマホにSMSを送るため文を書いている際、「z」を入力するとメッセージ入力画面が終了してしまう。

ネットで検索しても、同様の問題は出てこないので、私の環境が問題、ということだろう。

そこで、キーボード回りと言うことで、まずは「のどか」を終了させてみる。

その状態でスマホ同期のメッセージ作成画面でzを入力してみると、問題なく入力出来る。

原因は「のどか」にあるわけではないと思うが、事象としてはこのような状況なので、スマホ同期を使ってメッセージ入力をする場合には「のどか」を停止することにしよう。

私も「のどか」は大変便利に使っているので、今さら使えなくなると困ってしまう。

まあ、未だにダイヤモンドカーソルなど使っている人は少ないのかも知れない。

また、私が職場で使っているVAIOなども、VAIO側でCTRLとCAPSを入れ替える機能を提供してくれている。環境も整いつつある今、私も徐々に汎用機能に慣れていく必要があるのかも知れないが、無理せず環境を楽しんでいきたいと思う。

Googleアシスタントの無効化

意図に反してGoogleアシスタントが起動することがあるため、無効にすることにした。

機種はドコモのGalaxy S21 Ultra.

-設定

Google

Googleアプリの設定

-検索、アシスタントと音声

Googleアシスタント

-全般 Googleアシスタントをオフ

6階層、降りることになる。

また、最後の「全般」は、相当スクロールしないと見えないところにあるので注意が必要。

 

Anroid12でintuneが機能しない件

標題のとおりなのだが、これはなかなかひどい話で、例えば、企業や組織で、社用のスマホをAndroid12にアップデートしたら、セキュアには利用できない、ということになる。

私も複数デバイスがあるので、検証してみた。

先ず、ドコモ製 Samsung Galaxy S21 Ultra。

これについて、まず購入時は、android11。下記の1に相当。

この状況のデバイスには、一応intuneをインストールし、デバイスの登録もできた。

(一部の証明書には問題があったようだが、動作には支障なし。)

これが、1月に、Android12にアップデート。

この段階でも、引き続き大きな問題なく、社内のリソースにアクセス可能。

ところが、つい油断して自動アップデートにしておいたら、2月のアップデートもインストールされてしまう。


1 Samsung Galaxy S21 Ultra 5G          SC52BOMU1AUJ2     1        R(Android 11)     20211007085106

2 Samsung Galaxy S21 Ultra 5G          SC52BOMU1BVA3     1        S(Android 12)     20220126184340

3 Samsung Galaxy S21 Ultra 5G         SC52BOMU1BVB4     1        S(Android 12)     20220225191620

 

これで、実質的にintuneが使えなくなり、メールを含む社内のリソースにアクセスできなくなってしまった。

実は、今年に入ってデフォルトでAndroid12の入っているものに機種変し、intuneをインストールしようと思ったのだが、失敗。

使えているS21はアップデートしないように気を付けていたのだが、つい油断してしまった。

とは言え、本来はセキュリティアップデートでもあるこうした更新が適用できないのは問題。

関係の皆さんには、少なくともこの夏のAndroid12の新製品が発売されるタイミングまでには問題解決をお願いしたいところ。

 

さて、私自身としては、スマホで社用メールやTeamsの内容を確認できなくなるのは大変困る。タブレットの方は、Android12の第一段階のアップデート以降は更新を止めているので使えてはいるが、やはりスマホでも受信できないと困る。

 

仕方がないので、OSのダウングレードにチャレンジすることにした。

調べて見ると、ドコモのS21 Ultra用のAndroid11のファームウェアが入手可能だった。

これを、Odinというアプリを使って、PCと接続して焼き込む。

何とかうまくいったようで、またintuneを使えるようになった。

この辺は、検索すれば方法が出てくる。

最新のスマホを使えないのは残念だが、しばらくは勝手に更新されないよう、しっかり注意していきたいと思う。

Androidでの右下人型アイコン

私が今使っているスマホは、Android11だが、ふと気付くと、右下に人型のアイコンが表示されている。

別に気にしなければいいようにも思うが、かなり重要な場所に表示されているアイコンなので、何らかの意味があるはずだ。

そこで、検索をしてみたのだが、日本語のサイトだと、さまざまな記事がヒットするものの、なんと私の使っているドコモ版Galaxy S21 UltraのAndroid11バージョンに対応するものは一つもない。

そこで、今度は英語のサイトを調べて見たが、そちらにも、ずばりの記述はない。

ただ、androidcentralというサイトの、Little man icon in lower right on bottom home screen. How to remove Galaxy S8? というトピックの中に次の記述を見つけた。

https://forums.androidcentral.com/ask-question/899121-little-man-icon-lower-right-bottom-home-screen-how-remove-galaxy-s8.html

"On Samsung Galaxy Note 9, go to settings, general management, reset, reset accessibility settings, reset settings. That's it & my phone went back to normal."

つまり、

設定>一般管理>リセット>ユーザー補助設定をリセット

で消える、ということだ。

私もいろいろ試してみて、これで消すことができた。

検証してみると、ユーザ補助のいろいろな設定をする際(特にインストール済のサービスについて権限を許可する場合)、権限自体のonと合わせてショートカットをセットするオプションがある。いずれかのサービスで、このショートカットをonにすると、人型が現れる、ということのようだ。なお、リセット後は、利用しているサービスについて、ショートカットはonにせず、機能のみonに戻しておくことは必要。

いろいろな記述を見ていて、どうもよく理屈が分からなかったのだが、これで仕組みも分かり、よかった。

ただ、このショートカットの意味は、一見では分からず、何のショートカットかを自分で管理する必要がある。更に、複数の機能を持たせると、ショートカット自体はコンフリクトするためか、何も機能しない。どうも意味のよく分からない代物ではあるが、Accessibilty関係でもあり、いろいろなガイドラインを遵守すると、こういうわけの分からないものが出来上がる、と言うことなのかも知れない。