ヘンタイの匂い

昨日は、とうとう悪魔の館に行ってしまいました。
銀座の奥野ビル4階にあるユーロボックスです。
http://www.euro-box.com/
奥野ビルは、実際、悪魔の館というか、普通ではないビルで、手動式エレベータの映像をyoutubeにアップしてくれている方がいます。
https://www.youtube.com/watch?v=p9bsPOvseyI
ユーロボックスでは、オマスのセルロイドのボールペンを入手しました。
旧アルテイタリアーナのミロード風でしょうか。
とても美しいボールペンで、私が欲しいと思った時とユーロボックスのサイトにアップされた時がシンクロした感じ。

なぜオマスのボールペンが急に欲しくなったかというと、実は、Pen and Message 5周年記念のオリジナル万年筆「Cigar」のせいなのです。
Cigar は、吉宗さんがオマスにお願いして作ってもらっているのですが、これが素晴らしい。
軸は旧アルテイタリアーナのミロードのもので、現在のものとは違い、首軸に模様が入っています。
キャップは、なんと特注品のスターリングシルバーのものが在庫であったので、それに金張をしてもらい、バーメイルにしてあるとのこと。
クリップも私の好きな丸みの強い旧型。
これは、かつてのオマスの万年筆が好きで、特にこれまで入手の機会のなかった人には素晴らしいチャンスではないかと思います。旧型ミロードは全長が135ミリ程度で、現在の140ミリ超のものよりやや小ぶりで慎ましい感じです。
Cigar は40本製作予定で、シリアルナンバー付きということです。
下記にCigarの説明があります。
写真の後ろ姿の男性は、吉宗さんとのこと。背負っているものが感じられるような、よい雰囲気ですね。
吉宗さんも、だんだんヘンタイの気持ちがよく分かるようになってきているのではないかと思います。
http://www.p-n-m.net/contents/narration.html
http://blog.goo.ne.jp/penandmessage/e/79864acc702120bc739f94ab4abaea59

さて、このような万年筆を見ると、これと同じタイプのボールペンを欲しくなってきてしまいました。
私の主力の筆記具は万年筆で、基本的にはどこででも使ってはいますが、掲げられている図の説明をするときにふと振り回したりする場合もあり、そのようなことが予想される出先や会議ではボールペンを使っています。
そのような時のペンのうちの一本として旧型のオマスのボールペンを使ってみようと考え、どこかに売っていないかな、と思ったのでした。
そして、できれば美しいセルロイドのものがいいな、と思って探してみました。
すると、正に私の探していたものがお手頃な価格でユーロボックスにあって、とてもうれしく思いました。

もともとリフィルが付いていなかったのですが、ユーロボックスの藤井さんが、わざわざ伊東屋さんで合うものを買ってきてくれました。
このボールペンのリフィルは、かつてのヨーロッパの標準的なタイプだったとのお話もあります。
藤井さんは、アウロラのものとオマス純正のものを買ってくれていました。
アウロラもオマスも現在の主力はパーカー互換タイプですが、旧型のものも販売してくれています。)
アウロラ Aurora ボールペン替芯 No.131
http://www.aurorapen.jp/goods/leather/ricambi/index.html
オマス ボールペン替芯 (旧アルテイタリアーナ・ミロード用)


(追記)
ヤード・オ・レッドのType1の替芯(バイスロイなどに適合するもの)もいけそうな感じがします。
http://www.thewritingdesk.co.uk/showproduct.php?brand=Yard-O-Led&range=ballpen+refills&cat=refills
尤も、Yard-O-led 自体のrefillは旧ヨーロッパタイプのtype1,4C,パーカータイプ、ゴリアテタイプと幅広いものがありますね。
ヤード・オ・レッドであれば、ローラーボールを買った方がボールペンのリフィルも含めいろいろ使えてよいように思います(って、ヤード・オ・レッドのよな趣味的なペンについて言っても仕方がないですが。)。

今のオマスのボールペンは、リフィルもパーカー互換になり(これはいいのですが)、先端の金属部分も大きくなり、クリップも迫力が増し、キャップ部の飾り帯も三本から一本になっています。
私は、実は最近のボールペンの大きな先端部の金属部分が余り好きではなく、小さい方が好みなので、旧型が入手できて有り難いことと思っています。

ユーロボックスには、万年筆が好きそうな方々が何人もいて、繁盛しているのがうれしく思われました。
藤井さんは、お年は60歳を越えておられるようにお見受けしましたが、笑顔がとても素敵な方でした。

その後、銀座線で上野に転進して、北山珈琲店へ。
傘を差して上野駅から歩いて行く。
ドアの前で傘をたたんでいると、ご主人が向こうからドアを開けてくれる。
「なんか匂いがしましたので」
やはり悪魔の館から来たので、ヘンタイの匂いがしたのだろうか。