Kinesis Advantage2 でのCTRLとCapsの入れ替え

CTRLとCAPSの入れ替えはかなり基本的なものなのだが、Kinesis Advantage2では、これが私の環境だとうまくいかない。

CAPSにCTRLキーの機能を付与することはできるのだが、当然ながら、CTRLキーは単独で使うのではなく、他のキーと組み合わせて使う。

ところが、CAPSにCTRLキーの機能を割り当てた場合、CTRL+W を押した場合、Wを入力したのと同じになってしまう。これは、CRTL機能を割り当てたCAPSキーだけの問題ではなく、変更していない、もともとのCTRLキーも同様の状態になってしまう。

このCAPSキーというのも、本当に変なキーで困ったものだが、Kinesisも、この点が妙なのは困ったものだ。今後は、この点を認識しつつ、使っていきたいと思う。

 

ところで、Kinesisから、
Advantage360 キーボード

Kinesis Advantage360 Split Ergonomic Keyboard | COMING SOON

が発表になった。

まだ、お試し発注しかできず、それも締め切られている。

とても素敵な感じではあるのだが、私はおそらく2つのキーボードを固定して使うことになるし、またファンクションキーが全くなくなってしまうのも不便な感じがする。

私もある意味、キーボードオタクではあるのだが、それも、既に終着駅に至ったか、という感じだ。これからも、Advantage2を使い続けることになるのではないかと思う。

できれば、Advantage360もいいが、Advantage2の、見かけはほとんど変らないが、さり気なく機能がアップしたようなバージョンも出してほしいものと思う。また、この際、間にトラックボールも付けたバージョンとかも出して欲しいなー、と思ってします。